2016年09月13日

The Dark Room International 「初心者手取り足取り講習」

野毛にあるThe Dark Room International の「初心者手取り足取り講習」に行ってきました。

撮影済みのモノクロフィルムを持っていくと、
フィルム現像〜プリントまで文字通り手取り足取り教えてくれるというコースです。
講師は店長の神谷さんでした。
前回のPhat Photoのセミナーでは現像はなかったので、いつかやってみたいと思っていたのです。


まず、現像タンクのリールにフィルムを巻く練習からはじまりました。
練習用フィルムを使います。

DSC_8728.jpg

フィルムのパトローネからベロを出したら、このリールひとつに撮影済みフィルムを巻きつけていきます。
きつくならないように、リールの溝にきちんとはまるように巻きます。

言葉で書くとこれだけなのですが、うまくいきません(涙

なんどかやり直して、やっと全部巻けたと思ったら、こんどは目をつむっての練習です。

もう投げ出したくなるほどうまくいきません。
わたし、器用な方だと思ってたのに。。。(涙

これも何度かやりなおしてOKをもらったら、次は持ってきたフィルムを使って、暗室で巻きます。

暗室ってあたりまえですが、真っ暗で何も見えません。
畳半畳くらいのスペースでしょうか。

なんだかすごく孤独です。
修行僧になった気分です。

IMG_7406 (1).jpg

暗室でも何度かやり直してようやく巻き終わりました。
このタンクの中にフィルムを巻いたリールが入ってます。

このあとは、現像液、停止液、定着液を入れます。
これはプリントと同じ手順ですね。
ちがうところは、攪拌してフィルムにまんべんなく液がいきわたるようにするところです。


DSC_8730.jpg

停止液を流したら、水洗いです。
このあとの作業でもびっくりするほど水を使います。


IMG_7407 (1).jpg

水洗いの終わった現像済みフィルムです。
ちゃんと写ってる!


IMG_7414.jpg

これを乾かして、ネガシートにいれます。

ここまでくれば一安心です。


あとは、前回と同じ

IMG_7415.jpg

コンタクトプリントを作って、引伸ばす写真を決めたら、


DSC_8747.jpg

露光時間を変えたテストピースを作って、


IMG_7416.jpg

本番の引き伸ばしで完成です!

1枚目の引き伸ばしが終わったころには4時間半が経過してました。
(フィルムの乾燥中はお昼に行ってましたが。)

そのあとも2枚の写真を露光時間やフィルターを変えてプリントしました。

トータルで6時間のコースでした。
長い時間、ほんとに手取り足取りありがとうございました!


前回も思いましたが、プリント作業は超楽しかったです♪
画像が浮かび上がる瞬間がわくわくするのです。

でも、リール巻きが。。。(涙
あと何本かやったら慣れるのかしら?

また行きます!


本日の機材:PENTAX MZ-5 + PENTAX FA 50mm f/1.4 + KODAK 400TX
iPhone 6s
印画紙:ILFORD MULTIGRADE IV RC DELUXE 25M 8x10


お知らせ:

神奈川県美術展で賞をいただいたので、にゃんこの写真が展示されます。
よかったらのぞいてみてください。

9/14(水)〜9/25(日)@神奈川県民ホールギャラリー
9/28(水)〜10/8(日)@厚木市文化会館
詳細はこちら:http://www.kanakengallery.com/detail?id=34518


posted by うめまる at 22:00| Comment(0) | 写真教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: