2016年09月17日

神奈川県美術展

第52回神奈川県美術展の写真部門で「かながわ賞」をいただきました。

美術展では各部門の審査員の先生方によるギャラリートークというものがあります。
(他の公募展でもあるのかしら?応募したことがないのでわかりません。)

写真部門の講評は金村修さんと関次和子さんでした。
入賞作品はもしかしたら講評していただけるかも?と思って行ってみました。


DSC_8865.jpg

いきなりわたしの作品からです。

え〜!

ドキドキしていたら、前に出てきてくださいと。
そしてマイクを渡されてしまいました!

キイテナイヨ〜!

あたふたしながら、撮影した状況を説明しました。


DSC_8866.jpg

「梅雨の晴れ間」
Nikon 1 J4
32mm(86mm相当) F2.5 1/640秒 ISO200 +1.3EV 
絞り優先 WB晴天 スタンダード

晴れた日に布団を干していたら、にゃんこが出てきて勝手口のドアの前に座りました。
ドアのガラスに布団と空と雲がきれいに写り込んでいました。
にゃんこはリアルで、あとは写り込みです。

文字で書くとまともですが、しどろもどろです。

すると、関次さんが
「審査の時に色が特徴的でとても目をひく作品でした」
とやさしく語りかけてくれました。

ほっ。。。

そして、金村さんが、
「アクリルにするとは思わなかった」
「アクリルいいなぁ〜」
といいながら、サングラスをあげて、作品の表も裏側も丹念に見ています。

ドキドキ。。。

「色もきれい」
「猫がかわいい」
「ボケ具合もちょうどいい」
「作品の見せ方を知っている」

あのキビシイ講評で有名な金村さんが、褒めてくださってます!

無名の新人(?)だから優しいコメントだったのかもですが。。。

「アクリルいいなぁ」を連発してました。


他の受賞の方々はコンテストの常連さんらしく、こういう場面に慣れているのか、
撮影意図などをとても細かに語られてました。

わたしは、ただの猫好きのおバカさんみたいに見えたかも?


去年は公募も初めてで、額装も初めてで何が何やらわからず、
家に飾ることだけを考えて額装しました。


DSC_9217.jpg

去年の神奈川県美術展に出展した作品です。


今年のわたしは少しだけ進歩です(?)
額装するならアクリルにしようと審査の前から決めていました。
背景がガラスの写り込みであることと、猫の目の透明感がアクリルに合うと思ったのです。
もちろん、色にはこだわりました。
(図録の色がなぜかとても残念なことになってますが。。。)

こだわったところを評価していただけたのは、ほんとうに嬉しいです。


>読んでくださっているみなさま、
御苗場の名刺やアルバムに入っていた作品なので、ご覧になったことがあるかもです。
でもでも、今回の額装はほんとによい仕上がりなので、
実物をぜひご覧になっていただきたいなぁ〜と思っています。
お時間がありましたら、ぜひ♪


9/14(水)〜9/25(日)@神奈川県民ホールギャラリー
9/28(水)〜10/8(日)@厚木市文化会館
詳細はこちら:http://www.kanakengallery.com/detail?id=34518


>すでに足を運ばれたみなさま、
ありがとうございました!
ご感想をきかせていただけると励みになります〜!


(ここからは、ご本人が目を通す機会はないと思いますが。。。)

>審査員の伊奈さん、金村さん、調さん、関次さん、前田さん、
こんなに貴重な機会を与えてくださって感激しています。
ありがとうございました。


>ミゾタ先生、神島先生、まるや先生、本多先生、
いつもご指導ありがとうございます。
賞をいただいて、ほんの少しでもご恩返しができたでしょうか?


>松平さん、
イメージ通りに仕上げてくださってありがとうございます。
いつもイメージ通りで安心しているのですが、今回は開梱したときに、
あまりの素敵な仕上がりに声を出してしまいました。


posted by うめまる at 23:00| Comment(0) | 展示、掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: