2016年09月20日

PHaT PHOTO写真教室 ミディアムクラス 第6回

PHaT PHOTO写真教室 ミディアムクラス 第6回に行ってきました。
講師はまるやゆういち先生です。

今回も台風の影響ですごい雨です。
2ヶ月続いて台風ってなんだかなぁ?

そういえば、以前、火曜日ってよく雨が降るなと思ったことがあります。
こんどデータ調べてみようかな?


前半は講評会です。
今回のテーマは「昭和」です。

みなさん、モノクロフィルターを使った作品や、主題が時代を感じさせるもの、
現在との対比のものが多かったです。


わたしは、昭和の頃の方法で作品を作ろうと思いました。
(カメラは1995年のものだったので、平成なのですが。。。)

というわけで、モノクロフィルムで撮影して、フィルム現像からプリントまで
全て自分でやりました。


DSC_8753.jpg

「けだるい午後」
PENTAX MZ-5 + PENTAX FA 50mm f/1.4
絞り優先
フィルム:KODAK 400TX
印画紙:ILFORD MULTIGRADE IV RC DELUXE 25M 8x10

The Dark Room Internationalのセミナーで最初にプリントした作品です。
露光時間なども1回で決めたので、ほんとの意味でも最初のモノクロ作品です。
けだるい感じとか、タオルケットの柄が昭和っぽい?

いただいたコメント
・いつもカラフルな写真を見ているので、とても新鮮
・いろいろ挑戦してみるのはよいこと
・下の作品に比べて粒子が粗い気がする(フィルムの種類が違うのでした)


DSC_9170.jpg

「ポンプの秋」
PENTAX MZ-5 + PENTAX FA 50mm f/1.4
絞り優先
フィルム:ILFORD HP5
印画紙:ILFORD MULTIGRADE IV RC DELUXE 25M 8x10
フィルター:2.5

お散歩コースにある井戸とコスモスです。
ちょうどコスモスが見頃になってきました。
古い金属製の井戸と白いコスモスの対比が面白いと思って撮りました。
少し固めにしたいと思ってフィルターを使ってプリントしました。

いただいたコメント
・右側のスペースはいらない
・水がしたたっているところがよい
・プリントがきれい
・ボケ感がよい


なんかモノクロとフィルムが意外だったらしく、
みなさん「え”?」って顔をしてました(w


後半は「なぜ撮るのか?」でした。

みんなの「なぜ撮るのか?」を発表していきます。
だいたい同じような意見が多かったです。

わたしは「人に見てもらいたいから」と言いました。
写真を始めたきっかけは、家族にダイビングの様子を見せてあげたかったからです。
そしてここ何年かは、わんこの様子を家族や知人に見てもらいたいから撮っていました。
でもいまは状況がかわってしまって、以前ほどのモチベーションがない感じです。


先生のお話で印象に残ったのは、
・現代美術はあいまいさや説明のつかないことに意味を見出す
・分かりやすい写真から分かりにくい写真に時代はシフトしている
でした。

そういえば、先日の神奈川県美術展の表彰式で、平面立体部門(絵画とかですね)の大賞の作品について、
審査員の方が「なんだこれ?と思って何度も見てしまう」とおっしゃってました。

写真部門の入賞作品も、展示されていた入選作品も、よくわからないなぁ〜?と思った作品が多かったです。

わたしのはすっごい分かりやすいと思うのです。
そんな中でよく入ったなといまさらながら思います。

これまでわたしは、分かりやすい写真を撮ることに気を使ってきました。
どうしましょう?


おまけ:

暗室では、

DSC_9167.jpg

「スイカ星人」




DSC_9172.jpg

「ライオンねこ」

みたいなものばかりプリントしていて、お店のひとにあきれられてました(w




posted by うめまる at 23:00| Comment(0) | 写真教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: